EBStudio1.xから省略されたオプション

EBStudio1.xの以下のオプションは、使用頻度が低いため、オプション画面から削除されました。

これらのオプションの初期値を変更したい場合は、作業環境定義ファイル(.ebx)で設定することができます。

項目 機能
見出しの単語をクロス条件検索に自動登録
titleWord=1
見出しを単語(空白区切りの英単語、n 字以上の漢字・カタカナ)に分解し、個々の単語をクロス条件検索に登録します。見出しの途中に現れる単語での検索や、成句(熟語)の検索ができます。

【例】和英辞郎:次の見出しの青字部分 でのクロス条件検索が可能

シリンダ冷却部鋳物 ブロック一般 には鋳物高級品 には切削品 もある

【例】英辞郎:次の見出しの青字部分 でのクロス条件検索が可能(ただし「条件検索から除外する語」に "a the at by for in of on "を指定した場合)

wounded in the pursuance of his duty , be

条件検索の検索結果表示文字列に、"検索語…"を表示
dispKeyInSelList=0
通常は、条件検索の検索結果表示文字列には、 見出し要素(<Hn><dt>)の内容が表示されます。 ところが書籍系のコンテンツでは、見出しだけでは情報量が少なく、 検索一致語を知りたい場合があります。 このオプションでは、本文から条件検索に登録された語が 検索結果表示文字列に追加されます。

「"検索語…"を表示」しない――見出しだけが表示される

1.古代の中国と日本

「"検索語…"を表示」する――検索語と見出しが表示される

礼記…1.古代の中国と日本
論語…1.古代の中国と日本
かな検索にカタカナを追加
addKana=1
かな検索インデックスにカタカナを登録するレベルを指定します。
レベル0:かな検索インデックスには、ひらがなのみ登録します。
レベル1:よみがながカタカナのとき、ひらがなとカタカナを同時に登録します。
レベル2:ひらがなとカタカナを必ず同時に登録します。
※お使いのEPWING検索ビューアでカタカナの検索語が検索できない場合、このオプションレベルを変更して試して下さい。(例:「アメリカ合衆国」が「アメリカ」で検索できない場合、レベル2にすると「あめりかがっしゅうこく」「アメリカガッシュウコク」の二つがかな検索に登録されるので、検索できるようになる)
ブロック要素後に空行を空ける
paraBr=0
<p>や<Hn >等のブロック要素の後で改行します。 EBStudioは通常ブロック要素の直前だけで改行するため、段落間の行間は空けずに詰めて表示されます。 このオプションを指定すると、通常のHTMLブラウザと同様に段落間が1行空いて表示されます。
見出し要素先頭の章番号を除去
delLeadNo=0
このオプションを指定すると、 <Hn >要素の最初に現れる数字、漢数字、丸数字、 "第n 部"、 "第n 章" 等は、章・節の番号と見なして インデックスから削除します。
各段落に連番を表示
paraHdr=0
書籍系コンテンツの場合、段落(<p>)毎に連番を振ります。
ルビを表示する
ruby=1
ルビを有効にします。この指定をオフにすると、ルビは出力されません。
参照検索語の前に矢印を表示
linkChar=0
arrowCode=222A
参照検索のリンクに、矢印記号(→)を表示するかどうかを指定します。
→(0x222A)以外のコードを指定する場合は16進で指定します。
※出力形式が電子ブックの場合は必ず→が表示されます。

【矢印記号を表示する場合】

初め→織田信長 の妹→お市の方 をめとり,

【矢印記号を表示しない場合】

初め織田信長 の妹お市の方 をめとり,

(英辞郎) 発音記号変換
eijiPartOfSpeech=1
外字を用いてIPA発音記号を表示します。
配布パッケージに含まれる sample/Gaiji.xml、sample/GaijiMap.xmlを、外字フォント、外字定義として指定する必要があります。
【例】δ →ð、 a` →à、 ae' →ǽ、 η →ŋ