JepaX/DicX(EBStudio 1.x 互換)

JepaXは日本電子出版協会の定めるXMLに基づく電子出版交換フォーマットです。

EBStudioはJepaX公式サイトで公開されているサンプル文書を、[ある程度それらしく]オーサリングできます。

JepaXの仕様とサンプル文書については、http://x.jepa.or.jp/jepax/ をご参照ください。

JepaX0.9からの制限事項

DicXからの拡張

DicXは出版業界内部において辞書・事典コンテンツの蓄積や交換を行うための「交換フォーマット」として利用されることを想定した仕様案(イースト株式会社)であり、JepaXをベースに辞書・辞典用に拡張した内容になっています。 2017年現在では、DicXの後継規格のLeXML(株式会社デジタルアシスト)が業界標準となっています。

EBStudioはDicX(あるいはLeXML)の一部要素を使用することができます。