辞書系のコンテンツ

EBStudioで辞書のHTMLソースを作成する方法には、 定義リスト(<dl>)と <Hn >要素の二通りがあります。

<Hn >要素の場合、<Hn >〜</Hn >が見出し語になると同時に、階層メニューが作成されます。 書籍の目次のような階層メニューや、 "あ行"、"か行"のように五十音順のメニューを作成できます。

定義リスト(<dl>)の場合はメニューは作成されません。一般的な辞書の作成に向いています。

EBStudioは見出し(<Hn >、<dt>共)から表記検索インデックスとかな検索インデックスを作成します。見出しの形式は、次の種類に対応します。なお、表記が先にくる場合と後にくる場合とで、 詳細設定→本文オプション→「見出しの順序」を適切に設定する必要があります。

オプション設定 対応する見出し
表記【かな】
titleOrder=0
辞書【じしょ】
著作権法
ac・cess
かな【表記】
titleOrder=1
じ‐しょ【辞書】
あい‐きょう【愛敬】【愛嬌】
つるぎ‐だけ【劔岳・剣岳】
じしょ 辞書

なお、拡張仕様である<key>を用いて、見出しや本文中に現れない検索キーワードを自由に付加することもできます。

定義リスト(<dl>)の例

定義リスト(<dl>)で見出し語(<dt>)説明文(<dd>) を交互に指定します。この場合<dt>要素の内容が見出し語として登録されます。

【例】定義リスト(<dl>)の使用例

<html>
<head>
<title>サンプル文書</title>
</head>
<body>
<dl>
<dt> 槍ヶ岳【やりがたけ】 </dt>
<dd> 岐阜・長野両県境,飛騨山脈中央南寄りにある山。標高3180m。ヒン岩,結晶片岩からなる。山頂は槍の穂先に似た尖峰をなし,四方に尾根が分岐,南は穂高岳,北西は三俣蓮華岳に至る。槍沢,天上沢,千丈沢,蒲田谷右俣などの氷食谷がある。<a href="#id002431">中部山岳国立公園</a>に属し,登山には槍沢,東鎌尾根,西鎌尾根が多く利用される。 <img src="img8493.jpg" alt="槍ヶ岳"> </dd>

<dt id="id002431"> 中部山岳国立公園【ちゅうぶさんがくこくりつこうえん】 </dt>
<dd> 新潟・富山・長野・岐阜4県にまたがる山岳国立公園。面積1743.23km2。1934年指定。 </dd>
</dl>
</body>
</html>

<Hn >タグの例

<Hn >要素の内容は見出し語として検索対象となると 同時に、階層メニューも作られます。

【例】<Hn >要素の使用例

<html>
<head>
<title>サンプル文書</title>
</head>
<body>
<h1> あ行 </h1>
<h2> アア溶岩【ああようがん】 </h2>
<p> … </p>
<h2> アイ(藍)【あい】 </h2>
<p> … </p>
<h1> か行 </h1>
<h2> カ(蚊)【か】 </h2>
<p> … </p>
</body>
</html>

作成される階層メニュー

<key>で独自に検索キーワードを指定する例

<html>
<head>
<title>サンプル文書</title>
</head>
<body>
<dl>
<dt>やまあるき【山歩き】《国》</dt>
<key type="かな">やまあるき</key>
<key type="表記">山歩き</key>
<key type="複合" name="ジャンル">スポーツ</key>
<dd><p>〈名・自動サ変〉(1)山の中を歩くこと。 (2)ハイキング。</p></dd>
</dl>
</body>
</html>