オプション画面

変換オプションを指定する画面です。

keyword=値 は対応する作業環境定義ファイルのキーワードと初期値

共通オプション

項目 機能
見出しと本文を一行で表示する
singleLine=0
見出しと本文の一行目を連結して表示します。画面に表示できる件数が多くなります。
このオプションを指定しない場合、見出しと本文の間で改行され、本文は1字分字下げされます。

一行で表示する場合(青字が見出し)

GQ General Quarters 総員配置
GRB gamma-ray burst ガンマ線放出
GRT gross registered tonnage 【船舶】総登録トン数
GS general staff 一般幕僚

通常の表示(青字が見出し)

GQ
General Quarters 総員配置
GRB
gamma-ray burst ガンマ線放出
GRT
gross registered tonnage 【船舶】総登録トン数
GS
general staff 一般幕僚

見出し中の表記とかなの区切り記号
kanaSep1=
kanaSep2=
見出し語のなかの読み仮名の括弧区切り文字を指定します。通常は【】ですが、〔〕[]《》等、任意の記号に変更できます。

【標準設定】

富士山【ふじさん】

【区切り記号を《》に変更】

富士山《ふじさん》

見出しの順序
titleOrder=0
見出しの形式を指定します。
表記【かな】
titleOrder=0
辞書【じしょ】
著作権法
ac・cess
かな【表記】
titleOrder=1
じ‐しょ【辞書】
あい‐きょう【愛敬】【愛嬌】
つるぎ‐だけ【劔岳・剣岳】
じしょ 辞書
※英和・英英など、かなを持たない場合には "表記【かな】" を選んでください。
検索語見出しを本文と共有し辞書を軽量化する
omitHeader= 0
このオプションを指定すると、書籍構成要素の検索見出し (前方一致表記形見出し、 後方一致表記形見出し、 前方一致かな見出し、 後方一致かな見出し) を省略し、辞書を軽量化します。検索結果の見出しは、本文の見出しと同じものが表示されます。
※このオプションには次の制限があります。
  • titile属性(検索結果表示文字列の明示的な指定)が無効になります。
  • タイトルによっては、正常な検索結果が得られません。その場合はチェックを外し、 検索見出し要素を生成してください。
章題(ファイル名)をメニュー検索に追加
topMenu=0
メニュー検索インデックスを作成し、最上位に入力ファイルの章題を挿入します。 入力ファイルの登録 ダイアログボックスで指定した「章題」を表示します。章題が未定義の場合、ファイル名から拡張子を除いた名前を表示します。

HTML形式のオプション

項目 機能
<h1>..<h6>からインデックスを作成
HTagIndex=1
HTMLの<Hn >、<dt>要素の内容から前方一致、後方一致、クロス条件インデックスを作成します。 <Hn >の場合、メニューインデックスへの登録も行います。
※このオプションは通常オンにします。 検索キーワードを全て<key type=>で明示的に指定したい場合に、 このオプションのチェックを外してください。
<dt> からインデックスを作成
DTTagIndex=1
<dt>要素の内容を検索結果表示文字列とします。
<dt>要素を単に表示のレイアウトだけに用い、検索の対象としない場合は、 チェックをオフにします。
※<dt>からインデックスを作成するには、インデックスオプション の「見出し要素(<Hn><dt>)からインデックス作成」をチェックする必要があります。
<h1>..<h6>からメニューを作成
HTagMenu=1
<Hn>要素からメニューインデックスを作成します。
<dfn> を副見出しにする
subTitle=0
<dfn>〜</dfn>を副見出しとして扱います。
英和辞典などで本文中の用例部分を<dfn>〜</dfn>要素で インデックス化した場合、<dfn>〜</dfn>が 検索結果表示文字列になります。
このオプションを指定しない場合、検索結果表示文字列は <Hn>〜</Hn>または<dt>の 項目見出しと同じになります。 なお、副見出しの書式は[標準][強調][斜体]から選択できます。
検索結果の表示単位
srchUnit=0
0:章・節 1:段落
[章・節]または[段落]から選択します。
書籍系コンテンツの場合、検索結果の表示単位が章や節だと、情報が多すぎて検索結果を探すのが難しいことがあります。この場合、表示単位を段落にすると、検索結果を探すのが容易になります。

インデックスのオプション

項目 機能
条件検索から除外する不要語
StopWord=a the
英語の検索システムでは、インデックスを圧縮するために、文章に頻出する前置詞( at by for in of on など)や冠詞(a the)を除外することがあります(不用語-stop wordと呼びます)。このオプションでは、条件・クロス検索の語数を減らすために、登録から除外する単語を指定します。
もっとも、成句の検索で前置詞を調べたい場合もあるため、利用者の必要に合わせて適宜指定してください。
見出しの中でインデックスに記録しない記号
delBlank=1
delSym=1
delChars=
見出しの中で、検索用のインデックスに記録しない特殊記号を指定します。
空白、中黒(・)アポストロフィ(')ハイフン(-)は、デフォルトでは記録されません。

【例】英和辞典全般

次のように合成語を示す中黒(・)やハイフン(-)は、見出しには表示しますが、検索時には指定しません。
見出し 検索文字列
lib・er・ty liberty
born-again bornagain

任意の文字を追加する場合は、テキストボックスに記入します。

【例】実用エスペラント語小辞典

語根の区切り"/"は、見出しには表示するが検索時には指定しません。
見出し 検索文字列
pozitiv/a pozitiva
この場合、"/"を「インデックスに記録しない文字」の「その他任意」に記入します。

 
参照検索の語を条件検索に自動登録
refAuto=0
参照検索の語を条件検索に自動登録します。条件検索で本文の内容からの検索ができるようになります。リンクに選ぶ語は重要語であることが多いため、質の高い条件検索インデックスが作成できます。

【例】

浅井長政【あさいながまさ】
1545-1573
北近江の戦国大名。久政の子。初め織田信長 の妹お市の方 をめとり,信長と結んで六角氏を圧倒したが,のち朝倉義景 (よしかげ)らと結んで信長に対抗。1570年信長の軍に姉川の戦 で敗れ,のち自殺。淀君 はその娘。

緑字部分 が参照検索(リンク)とすると、緑字部分 を条件検索に登録します。
本文中の漢字・カタカナを条件検索に自動登録
autoWord=0
本文中の2字以上連続する漢字・カタカナを条件検索に自動登録します。

【例】GENE95:次の本文の青字部分 での条件検索が可能

sensibility
感受性 ,感性 ,鋭敏 さ,敏感

本文中の英単語を条件検索に自動登録
autoEWord=0
本文中の英単語(2字以上)を条件検索に自動登録します。
表記検索語を中黒で分割
hyokiSep=1
国語辞典で同音異義語が中黒(・)で区切られている場合、中黒で分割して表記検索に登録します。以下の例では、「愛着」「愛著」のどちらでも検索できるようになります。
あいじゃく【愛着・愛著】
表記検索語がかなの場合、かな検索に自動登録
autoKana=0
表記検索語がひらがな又はカタカナ文字列の場合、かな検索インデックスにも自動登録します。