起動画面

keyword=値 は対応する作業環境定義ファイルのキーワードと初期値

番号 項目 機能
(1) 書籍
Book=
カタログに含まれる書籍の情報を定義します。
JIS X4081の場合15個まで、電子ブックの場合50個までの書籍を定義できます。
(2) 入力ソース
Source=
書籍を定義した後、入力ソースとなるファイルを定義します。 入力ファイルは分割することができ、個数に制限はありません。
(3) 基準パス(option)
InPath=
各種入力ファイルのあるディレクトリを指定します。$(BASE)で参照できます。
(4) 出力パス
OutPath=
JIS X4081/電子ブックを書き込む出力先の絶対パスを指定します。
(5) 出力形式
出力形式をJIS X4081(EPWING)にするか、電子ブックにするかを指定します。
(6) インデックス
WordSearchHyoki=1
WordSearchKana=1
EndWordSearchHyoki=1
EndWordSearchKana=1
CrossSearch=0
KeywordSearch=0
ComplexSearch=0
作成するインデックスを個別に指定できます。前方一致表記/前方一致仮名/後方一致表記/後方一致仮名/条件検索/クロス検索/複合検索を指定できます。

※ ライセンスキーの登録がないと、前方一致以外のインデックス(後方一致/条件検索/クロス検索/複合検索)は選択できません。